舞台設定・ダイブ界編

投稿日 2024.03.22 更新日 2024.03.22

 次に、夢の世界の舞台、トトバースについてですが⋯⋯

 エースコバットのストレンジリアル風に仕上げております。現実の地球と同じように、様々な国が存在しており、作中に登場して来たガトー公国もそのうちの一つとなっております。

トトバースの世界地図

ガトー公国

 野呂啓太大公を国家元首とする立憲君主制の国。イギリスやドイツなどの欧州諸国を模した赤道直下にある常夏の島嶼国で、一年中クリスマスが祝われている。メリークリスマスが日常の挨拶として使われている。

ユセリア社会主義共和国連邦

 旧ソ連やロシアを模した国で、共産趣味党による一党独裁政治が行われている。笑うことが禁じられた国で、笑った者は死刑となる。タルパ界隈の悪要素をすべて煮詰めたような場所。極寒の大地に広大な領土を持つ大陸国。

タロフルヤ共和国

 名古屋とアフリカを合体させたような雰囲気のする国。アフリカ大陸を思わせるような場所に位置する大陸国。独特の食文化を持つ国で、タロフルヤコーチンが名物。タルパ界隈のギャグ要素を煮詰めたような場所となる。

ヲティスタン共和国

 アフガニスタンを模した感じのする砂漠の国。首都はヤマダハル。タルパ界隈の某掲示板ヲチスレを当てこすったもの。トットフォーの故郷と言う設定にもなる。政府軍とヲチスレ軍による内戦が長らく続いている。

ウィキスタン共和国

 パキスタンを模した感じのする国。タルパ界隈の某ウィキサイトをもじったもの。政情不安定国で政府による自作自演も公然と行われ問題の絶えない国。正常化のため、ある一人の青年医師が立ち上がったが⋯⋯

アナテスタン共和国

 イランやイラクなどの中近東の国々を模した感じのする場所。タルパ界隈の某アンテナサイト(閉鎖済)を揶揄したもの。かつてはトトバース一の経済大国であったが、衰退の一途を辿り、現在は国土が荒廃している。

ドツイタル連邦共和国

 ナチスドイツを模した感じのする国。自称悪逆非道のヒトラーに似た独裁者が収めているが⋯やる事なす事すべて裏目に出てしまい、国民や周辺諸国民がどんどん幸せになってしまう不思議な国。

レミッツ連邦

 スイスを模した感じのする永世中立国。このため、トトバースの国際機関の多くが集まっている。獣人の国で国民の大半はネコである。タルパ界隈の某ネコに敬意を表しているつもりで悪意は一切ない。

ピータン王国

 ブータンやネパールのような山岳国家も、ルクセンブルクを模した感じのする王国。住民には金持ちが多い。運幸大連峰と呼ばれるヒマラヤ山脈のような山々があり、そこの中腹にある高原に三途の川が流れている。地獄の入口。

ボッチネシア連邦

 ミクロネシア連邦と中東のドバイを合わせたような感じのする国。近代的に発展している国。タルパ界隈に激震を走らせた名物的人物のダイブ体の故郷。孤島海と呼ばれる美しい海にある島嶼国。

ピクシティ都市国家連合

 シンガポールを模した感じのする国。FFⅦのミッドガルっぽい。トトバースでもっとも発展した都市国家。表向き民主国家であるも、国民の経済的格差、貧富の差が大きい。上流階級は地上部、下流階級は地下区画に住んでいる。

恒華人民共和国

 中国を模した感じのする国。ユセリア同様、共産趣味党による一党独裁政治が行われている。ユセリアとは犬猿の仲で、しばしば、国境線を巡って衝突を繰り返している。厄介な国も強大な経済力から無視できない存在となっている。